Acerca de Oaxaca -オアハカについて-

Oaxaca, Mexico -オアハカ紹介-

オアハカは、メキシコ史上唯一の先住民族出身の大統領で現在でもメキシコ中の国民から英雄として愛され続けているベニート・フアレスを輩出した街として有名です。東シエラマドレ山脈と南シエラマドレ山脈の中程、標高1500メートルの高地にオアハカ市は位置し、温暖な気候が長く続くオアハカ中央盆地が、街を中心として郊外に広がっています。
西側をゲレーロ州と接し、北西をプエブラ州、北側をベラクルス州、東側はチアパス州とそれぞれ州境を成し、また、南側には純白で手つかずの太平洋ビーチが広がっています。多様な地形と気候、先住民族を内包するオアハカ州は、メキシコ全体で最も多様な生態系と独自文化で溢れた地域となっております。
サポテコ、そして後にミステコという2つの先住民文化は、スペインによる征服期まで、この地域で最も大きな文化的影響力を持っていました。当時の彼らの様子をオアハカ市内および周辺地域の文化的遺産、建築的遺産を通して現在でも垣間見ることが出来ます。約16もの民族グループに分かれた100万人以上の先住民が、350万人ほどのオアハカ州人口の37%以上を構成しています。
オアハカ州はメキシコ全体の中で、先住民言語の使用話者数が最も多い州です。多様な先住民族伝統舞踊が華麗に披露されるゲラゲッツァ祭を初めとして、オアハカでは年間を通して様々な祝祭行事が開催されます。オアハカの人々と共にこれらのイベントに参加して頂くことで、多様で伝統性の強い先住民文化をより深く実感することが出来るでしょう。また、先住民族の文化遺産は、料理や芸術、音楽から市民の日常生活に至るまで、オアハカの街で出会うすべてのものの中に溢れています。 オアハカはユネスコの世界文化遺産に登録されており、人類にとってかけがえのない遺産、世界的な重要性と価値をもつ場所として認定されております。ここでは、独自の文化と芸術が日常生活に強く密着しており、伝統がごく自然な形で維持され続けているのです。
街の中心にある広場は、ソカロ(Zócalo)と呼ばれ、繊細な彫刻が際立つオアハカ大聖堂と接しております。ポプラ並木が生い茂り、四方すべてをオープンテラスの優雅なカフェやレストランで囲まれたソカロは、オアハカの雰囲気を存分に満喫できる中心スポットです。いつ何時に訪れても、伝統工芸品を売り歩く先住民たちに出会い、マリンバやマリアッチの風情ある音楽に聴き入り、大道芸や各種コンサート、それだけではなくオアハカの人々が過ごす日々の生活の様子を感じ取ることも出来るでしょう。

Historia de Oaxaca -オアハカの歴史-

オアハカの歴史は7000年程前まで遡り、長い期間サポテコ族とミステコ族という2つの先住民族の居住地域でありました。外部地域から比較的遮断されたこの土地で彼らは独自の文化発展を遂げ、その繁栄は16世紀のスペイン人到来期まで続きました。
1521年にフランシスコ・オロスコというスペイン人がエルナン・コルテスの指揮下、この地に到達します。その後、植民地時代のオアハカは、中央アメリカおよび南アメリカへ向かう中間都市としての理想的な立地、自然溢れる雄大な風景、繊細な織物産業、そして大きな反響を呼んだ金鉱山発掘によってますます重要視されていきました。
オアハカはまた、メキシコという国家を形成するのに大きく貢献した幾人もの歴史上の人物を輩出してきました。その中でもベニート・フアレスとポルフィリオ・ディアスはとりわけ有名です。ベニート・フアレスは19世紀後半の著名な政治家で、メキシコ史上唯一の、先住民族の純血を引いた大統領です。彼は、1858年から1872年までの動乱の時代に、5期にも渡って大統領の職を務め上げ、のちに近代メキシコ国家の父として全国民から大きな賞賛を受けるほどになりました。

Datos Básicos sobre Oaxaca -オアハカ基本情報-

◆州都:オアハカ・デ・フアレス(オアハカ市)
◆州都オアハカ市の高度:海抜5200フィート(約1580メートル)
◆オアハカ州の気候:太平洋岸の地域では暑く乾燥していますが、沿岸からの湿気を受ける地域もあります。一方、海抜2000メートルを超えるような山岳地域では、冷え込む時期が長く続きます。
◆オアハカ市の気候:州都であるオアハカ市は、一年を通じて快適な日々が続く亜熱帯気候に属しています。冬は温暖で、1日の平均気温は16℃ほどです。春は25℃あたりまで平均気温が上昇します。雨期はたいてい6月下旬から10月にかけて続きますが、たいていは夕方の時間のみ雨が降ります。また、日本の梅雨と違って湿気はほとんど感じられず、雨期でも過ごしやすい日々が続きます。
◆建設年:1521年(スペイン領土の一部として、現在みられるオアハカ市の建設開始)
◆州立年:1864年
◆州人口:約350万人
◆オアハカ市の守護聖人:孤独のマリア (La Virgen de la Soledad)
◆有名なビーチリゾート:ウアテュルコ、プエルト・エスコンディード、プエルト・アンヘル、マスンテ、シポリテ
◆オアハカ州出身の著名な歴史上人物:ベニート・フアレス、ポルフィリオ・ディアス、マリア・サビーナ、ヘスス・フローレス・マゴン、リカルド・フローレス・マゴン、エンリケ・フローレス・マゴン、ホセ・バスコンセーロス
◆オアハカ州出身の著名な芸術家、職人:エンリケ・フローレス、マヌエル・ヒメネス、ドニャ・ロサ灯レアル・マテオ、レオビヒルド・マルティネス、ロドルフォ・モラーレス、フェルナンド・オリベーラ、カルロマーニョ・ペドロ、ルフィーノ・タマヨ、フランシスコ・トレド、テオドラ・ブランコ

☆代表的な年間行事☆

●ゲラゲッツァ祭(フォルティン丘の月曜祭):7月下旬の月曜日から2週間に渡って開催されます。この期間、オアハカ州内の様々な民族衣装、伝統舞踊、歌や音楽が、オアハカ市内のフォルティン丘にそびえるゲラゲッツァ祭専用観覧スタジアムにて披露されます。また、この一大イベントに合わせて、オアハカ州内の様々な地域コミュニティで盛大なパレードや祝祭行事が催されます。
●死者の日:死者の日の祝祭日である11月1日、2日に焦点を当てて10月後半からお祭りムードが街中で高まります。日本のお盆を盛大に催すような形で、墓地に人々が訪問し、様々な食べ物を故人に捧げます。ろうそくを灯して徹夜の祈りが行われ、各家庭内に設けられた祭壇には、各種の花々やナッツ、そして故人の好物とされるパン・デ・ジェマという特別なパンが飾られます。
●大根の夜:12月23日の夜に開催されます。このお祭りでは、キリストの生誕を初めとしたキリスト教の宗教的場面が、大根彫刻で生み出された様々な人物や動物で再現されます。それらはコンテスト形式で次々と披露されていき、盛大な賑わいをみせます。

Actividades que se pueda realizar en Oaxaca  -オアハカを満喫するために-

多種多様な自然と文化を豊かに持ち合わせたオアハカでは、個々人の興味関心に合わせてあらゆる活動に取り組むことが可能です。ここではほんの一例だけを紹介しますが、実際にオアハカの地へ足を踏み入れて、ぜひともご自身だけのオアハカ滞在生活を存分に満喫してください!

* 街の中心広場ソカロ沿いのオープンテラスカフェでコーヒーを嗜みながら、活気あるオアハカの人々を観察する。日本での知名度はまだまだですが、オアハカは良質なコーヒーの産地としても有名です!
* 街中に溢れている良質で美味しいレストランを試してみる。オアハカのレストランはどこも特徴豊かで価格もとってもリーズナブル!
* モンテ・アルバンやミトラといったオアハカ市郊外の印象的で歴史的価値の高い遺跡の数々を巡ってみる。
* オアハカ市郊外の伝統工芸産業で著名な村々を訪問し、伝統陶器(黒色、緑色など)やアレブリーへ(彩り鮮やかな木彫り細工)、そして地域ごとにバライエティ豊かな織物製品などの製造現場を直に見学してみる。伝統織物産業で有名なテオティトラン村を訪問するフンダシオン・エン・ビアの小規模融資ボランティア活動に参加して頂ければ、その参加費はすべて伝統工芸従事者への商業活動助成金となります。
* オアハカ市内の至る所に点在する地元のバルでカクテルを嗜んだり、街中のサルサクラブでナイトライフを楽しむ。
* 歴史地区の南側では、オアハカ名物のチョコレートが香り豊かに通りを漂い、道行く人々を思わず立ち止まらせます。カカオ豆のたっぷり詰まった特製のチョコレート樽から生み出される、味わい深いオアハカチョコレートを市内散策の休憩にぜひ一杯!もちろん種類もとっても豊富でタブレット等の試食も出来ます☆
* サント・ドミンゴ教会に隣接するオアハカ文化博物館を訪問する。オアハカ市内は美術館や博物館の宝庫です!
* 毎週水曜日の夜にイダルゴ通り沿いのカフェ・セントラルで放映される無料映画を観覧する。
* 毎週金曜日にパルケ・ジャーノで開催されるティアンギス(定期市)を訪問し、名物の種類豊富なタコスを味わう!(どれでも1枚8ペソ!)
* 毎週金曜と土曜にソチミルコ地区で開催されるポチョーテ・オーガニック市場を訪問し、オアハカ各地の健康的で美味しいオーガニック食品を味わう。
* オアハカ歴史地区にいくつも点在するメスカレリア(Mezcalería)でオアハカ特産のメスカルを試してみる。豊富な種類のオアハカ産メスカルを無料で試飲できます。
* オアハカADO一等バスターミナル近くにある野球場でビール片手にメキシコリーグ(MLB)の野球観戦を楽しむ。地元のチーム“Guerreros”を一緒に応援しましょう!
* オアハカ市近郊のテオティトラン村で乗馬体験ツアーに参加し、オアハカ盆地の雄大な景色を眺めながらピクニックをする。
* 先住民文化の伝統を受け継いだスチームバスタイプの健康浴(テマスカル)を体験する。先住民族伝来の薬草と香草を巧みに用いたリフレッシュ法で心身共に気分爽快!
*オアハカ市内には大小様々な規模をもった市場がいくつもあり、曜日に関わらず毎日地元の人々や観光客で賑わいを見せています。食品市場、伝統工芸品市場など、それぞれが特徴をもっており、これらを見て廻ればオアハカ州全体の食文化や伝統工芸文化が持つ多様性をより身近に感じることができるはずです!